ラーメン二郎 PR

【創業者が作るラーメン二郎1号店】ラーメン二郎三田本店

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

こんにちは。boaso201です!
今回はラーメン二郎1号店で創業者が今も現役で厨房に立つラーメン二郎 三田本店さんの魅力を伝えていきます。ラーメン二郎に行くなら三田本店に行くことをおすすめします!

この記事はこんな人におすすめです!

  • ラーメン二郎三田本店さんの麺量や特徴を知りたい方
  • ラーメン二郎三田本店さんにこれから行ってみようと思う方
  • ラーメン二郎の創業者である山田拓美さん(通称 スーパー総帥)が
    作る二郎を1度は食べたい方

山手線、都営三田線沿いにある他のお店はラーメン二郎2号店の目黒店さん、西台駅前店さん品川店さん神田神保町店さん、新宿歌舞伎町店さん、新宿小滝橋店さん池袋東口店さんです。

ラーメン二郎 三田本店さんについて

今回はラーメン二郎 三田本店さんを紹介します。通称 三田二郎。1978年に創業したラーメン二郎の第1号店であり、ラーメン二郎の創業者である山田拓美さん(通称 スーパー総帥)が今でも現役の店主として、二郎を提供する唯一無二のお店です。現在のお店は港区の三田にあり、慶応義塾大学三田キャンパスのすぐ近くになりますが、もともとは東急東横線の都立大学駅の近くにあったのですが、現在の場所に移転しました。ラーメン二郎の原点にして、創業者がラーメン二郎を作る姿を見れる唯一のお店のため、一度は本記事で紹介するラーメン二郎三田本店さんに行くことをおすすめします!
三田本店さんは朝からお店が開店しているため、通勤、通学前に二郎を味わえます!また、営業時間も朝から午後、夕方と長く、行きやすいお店です!

お店の特徴

麺量 二郎では標準 麺量:約250~300g
スープ 乳化
麺の種類 やや柔らか麺 サイズ:標準
豚(チャーシュ)・野菜 豚の枚数:2枚 大きい豚が2枚 厚い塊豚も有
野菜の量 標準
値段 ラーメン(小ラーメン)が600円と他の二郎の店舗(目黒店を除く)、一般的なラーメン屋と比べても安い!
行列 平日:朝8時でも行列有 約15分~20分ぐらい並びます
土曜日:平日以上に朝の開店前から行列があるため、約30分~70分は覚悟
店舗駐車場・駐輪場 なし ラーメン二郎三田本店さんの最寄りの駐車場はこちら
駅からの距離 最寄駅から約8~10分

値段について

ラーメン二郎三田本店さんは他の二郎のお店と比べても、ラーメン(小ラーメン)が600円とかなり安い!

行列について

待ち時間:平日:20分~40分くらい。土曜:30分~70分くらい。
三田本店店さんは行列はいつもありますが、平日であれば時間帯によってはそこまで待ちません。土日は朝から行レグがあるため、60分以上待つこともあります。

営業時間

営業時間 朝昼の部:8:30〜15:00 夜の部:17:00〜20:00
定休日 日曜日、祝日
土日営業 土曜日のみ営業 
祝日 休み

営業時間について

★朝昼の部の開店時間は8時半開店になりますが、8時すぎにはお店は開店していることが多いです。
ただ、平日の早朝でもお客様は並んでいるため、実際にお店に入店できるのは8時10分~20分ぐらいです。

★朝昼の部(8:30〜15:00)はラーメン二郎創業者の山田拓美さん(通称 スーパー総帥)が厨房に立ち、夜の部(17:00〜20:00)はスーパー総帥の息子さんが厨房で二郎を作っています。

2023年11月29日(水) 朝8時の再訪時の様子です。
朝の平日でも行列があります。

★三田本店さんは長時間営業です。平日は朝から15時まで、夜も営業しており、行きやすいお店です!

 

ラーメン二郎三田本店さんはラーメン二郎の中で、一番早く食べられるお店!!

【必見!】ラーメン二郎のお店の中で、朝から食べられる唯一のお店です。

メニュー

※2023年11月29日再訪問時
【ラーメンのメニュー】
ラーメン(ふつうサイズ) ¥600円・・・豚2枚 
大ラーメン(大盛サイズ) ¥700円・・・豚2枚
【豚が増量のメニュー】
ぶたラーメン ¥700円・・・豚4、5枚
ぶた入り大ラーメン ¥750
ぶたダブルラーメン ¥800円・・・豚7~8枚 通称 ブタダブル



アクセス・地図

【三田駅からのアクセス】
三田駅から徒歩8分ぐらいです。
①三田駅A3出口を出ると、目の前に多くの飲食店がある道に出るので左に進みます。
②進んでいくと、三田通りという大きい道路があるので、左に進みます。
③少し歩くとセブンイレブンがあります。
④目の前の横断歩道を渡り、桜田通りをまっすぐある進みます。
⑤右側に慶応大学三田キャンパスの塀が見えてきてます。
⑥正門を通り過ぎ、少し下ると三角ビルが見えてきます。三角ビル1Fにお店があります。

【田町駅からのアクセス】
田町駅から徒歩10分ぐらいです。
田町駅の三田口(西口)を出ると、空中歩道になっており真っすぐ歩きます。
②左側に森永乳業のビルが見えてくるので、左に進み、下の第一京浜道路がある橋を渡ります。
三田駅A3出口付近に出ます。三田通りという大きい道路があるので、左に進みます。
④少し歩くとセブンイレブンがあります。⑤目の前の横断歩道を渡り、桜田通りをまっすぐ進みます。
⑥右側に慶応大学三田キャンパスの塀が見えてます。
⑦正門を通り過ぎ、少し下ると三角ビルが見えてきます。三角ビル1Fにお店があります。

ルール(①列の並び方、②食券購入・注文確認、③入店、着席、④コール)

①列の並び方

①お店の右側に並びます。

 ②行列が長い場合、お店の裏側をぐるりと
回るように並びます。

②食券購入・注文確認

①行列の店の前まで来てから食券購入になります。並んでる前の人が食券を買った後にお店に入り、下の写真の券売機で食券を買いましょう。

物価高騰の中でもラーメン1杯が\600円なのは安い!

②食券(プラスチック)を買った後、列に戻り、店員さんの合図があるまで、外もしくはお店の入り口で席が空くまで待ちます。
食券購入後、列に並んでいる時、もしくは食券を買う前に、店員さんから麺量の確認をされます。詳しくは下の解説を読んで、店員さんに麺量を伝えてください。

③入店・着席

店員さんの合図でお店に入ります。
食券を席の前の台に置いて、店員さんのコールがあるまで待ちます。
水はセルフ式でなく、着席後、店員さんが置いてくれます。

④コール

店内で着席して待っていると、店員さんから「ニンニクいれますか」とお客さんに1人づつ聞いてきます。『どう答えていいのかわからない!』という場合、下の解説を読んで、答え方の参考にしてみてください!

【必見!!】店員さんから「ニンニクいれますか」と聞かれたらこう言おう!!

そもそもコールとは何か⁉

 

  • ラーメン二郎独自の無料トッピングメニューを追加するのか、店員さんが聞いてくること。
  • 下の表の「無料トッピングメニュー」①~④を組み合わて、店員さんにこう言ってみましょう!

(例1) ヤサイ、ニンニク、カラメ!

(例2) ヤサイ、ニンニク少なめ!

※少なめもできます! その場合、「ヤサイ少なめ」、「ニンニク少なめ」と店員さんに伝えます。

【無料トッピングメニュー】
①ヤサイ    キャベツ、もやしのこと ※店によってはもやしだけの場合もある

ヤサイのみ、ヤサイマシマシ(ヤサイの増量)ができます

コールの時には「ヤサイマシマシ!」と言ってみましょう!

※ヤサイマシマシと言っても、ヤサイを増量してくれるかはお店によります。

②ニンニク きざみにんにく
③カラメ  カネシ醤油を足すことです ヤサイの味付けになります
④アブラ  スープの背脂を追加すること 背脂は塊や粒状のもの

 

今回は小ラーメン(¥600円)を注文。

 

麺はいつもは柔らかめでしたが、今回の訪問では硬さは標準でした。
スープは非乳化でやや薄味ですが、カネシが効いてうまい!

ラーメン二郎の原点の味を堪能できて幸せな気分にさせられます!

麺量(ラーメン二郎三田本店さん)

麺量 ★★★☆☆ 標準

※基準:目黒店の麺量を★としています。
目黒店の麺量はラーメン二郎の中でも少なめです。

  • 三田本店さんの麺量はラーメン二郎の中では標準です。
  • ラーメン二郎の他店と麺量を比べる際は、目黒店の麺量を基準にするとおすすめです!
・ラーメン・・・約350g 一般的なラーメンの量は100g
・大ラーメン・・・約400~450g 
小ラーメンでも並んでいる列に麺少なめの人がいると、麺増しされる可能性あり!
並んでいるロットのグループ(店内で席に座れるグループ)で麺少なめの人がいると、麺は事前に茹でているため、余った麺がロットのグループに分配されます。

他のラーメン二郎との比較

麺量 荻窪店さんひばりが丘さん新代田店さんなど、麺量のお店と同じくらい
味のうまさ ★★★☆☆ 麺の柔らかさは桜台店に似てる

※基準:八王子野猿街道2店さん、ひばりヶ丘店さん神田神保町店さんを星5つ★★★★★としています

あくまで個人の主観になりますが、他のラーメン二郎のお店と比較する際、参考にしていただければ幸いです。

★他ブロガーさんの味の感想も載せていますので、食べる際に参考にしてみてください!
現実逃避.comさんの三田本店の味の紹介になります。

ラーメン二郎 京都店の時にはカラメを追加して失敗した記憶があって、「きっとカラメ追加なしの方がハマるんだろうな…」と思っていたのですが、これはこれで逆の意味で衝撃的でした。

ラーメン二郎 三田本店で全ての始まりとなった伝説の一杯を食す

お店の雰囲気・店内の様子

店内は三角地帯にあります。二郎の創業者の山田拓美さん(スーパー総帥)の穏やかな優しい口調で店員の方と談笑されていたり、穏やかな雰囲気を感じさせます。場所柄、学生、サラリーマンが多い印象です。

店舗情報

  • 最寄り駅:三田駅(都営地下鉄浅草線、三田線)、田町駅(JR山手線、京浜東北線 )
  • 住所: 〒108-0073 東京都港区三田2-16-4
  • 営業時間:月‐土 昼8:00~15:00 昼17:00~20:00  定休日:日・祝日
  • 座席数:12席
  • 公式Twitter:なし
  • 食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13006051/
営業時間は臨時休業、年末年始のお休みもあるため、最新の情報は公式ツィッター、メルマガ、食べログ、お店の張り紙等でご確認ください。

まとめ

ラーメン二郎 三田本店の記事はいかがだったでしょうか。創業者が今も現役でラーメン二郎を提供してくれる唯一のお店です。
一度はお店に行かれて、創業者が作ったラーメン二郎をたべることをおすすめいたします!
また、ラーメン二郎の第2号店の目黒店さんはワンコインで食べられる二郎です。
目黒店さんの記事はこちら。



無理しない1日5分の効果実感chocozap